FC2ブログ

えひめAI

かねてから、納豆菌の土壌肥料を使用したいと言っていた母ですが、なかなか表い腰を上げずにいたのに、今年ついに「する!」っと言いだしました。

ところが調べたところ、かなり高価なもので簡単にしように乗り出せない!

そこで登場するのが『現代農業』という農業雑誌です!!

調べたところ、納豆菌の力は今巷で流行りの『えひめAI』という肥料系素材にも発揮されているとのこと!

そこで母は『えひめAI』の自家生産を試みました。

材料は

市販の ブルガリアヨーグルト
市販の おかめ納豆 
市販の 黒砂糖
市販の イースト菌

です。

温湯でとかしてから水で薄め、蓋は爆発しないように軽く締めて、ハウスで一週間発酵させます。

PA210013.jpg

PA210014.jpg



一週間たったら水で100倍に薄めて散布可能。


活性菌の集まった液体ですね!
定期的に散布することで効果は上がるようです。

元気な植物にするための液肥にもなるし、菌同士の折り合いから、病気の原因になる菌を寄せ付けない効果もあるようです。

今後に期待します!!



スポンサーサイト

10月5日 4Hクラブ員 圃場視察 

PA056958.jpg

秋の日和に仕事が気持ちよく進みますね。虫たちも同じようで害虫の勢いがいいです。
明日はプレオフロアブル(殺虫剤)とトリフミン(殺菌剤)を散布予定です。


10月5日に青年連絡協議会のクラブ民内で圃場の視察会がありました。
楠木氏の圃場(菊・トルコギキョウ)と佐々木氏の圃場(小松菜)。にきました。

楠木氏は菊の花卉生産を主としており、今年初めて両親から任せてもらいトルコギキョウの生産を始めたのでそうです。それにしても立派な圃場でした。

PA056961S.jpg

PA056964S.jpg

PA056962S.jpg



佐々木氏の圃場ではカメラが不携帯になってしまったため、画像がありませんが、ハウスごとに小松菜の生育段階が分かれていて、小松菜の栽培過程(種まきから収穫まで 30日程度)をぐるっと見ることができて勉強になりました。なんと32棟のハウスをほぼ一人で栽培しているそうです。

つくづく農家の力ってすごい!

椎茸の森


P9286931.jpg

彼岸花は本当に毎回綺麗に咲いてくれます。特にこの白は大好き♡
心はしっかりしてるし、きちんと整ってる感じがします。
赤の方が花弁が繊細なんですよね。


PA016934.jpg

おととしから始めているしいたけの原木栽培。ラピュタの大将は熟練さんで、父が頑張って習って始めました。二年も待たないといけないということで、ほとんど興味が軽薄になってきたところにポ・ツ・リ☆
「幻想的だ。幻想的だ。」と一人騒いで大変嬉しいみたいです。
生き物の世話が苦手な父が食べられるまでちゃんと一人で管理したのってこれが初めてでは?!
ちゃんとグレずに育ってくれた優秀な椎茸くんに感謝です。

PA016938.jpg
ついに実りました。



プロフィール

karuitigo

Author:karuitigo
ラピュタファームの目の前にあります。
お来しの際はナビに
0947-47-4000(ラピュタファーム・杉本農園)を入れておこしください。

あまおうは起伏が激しい品種なので、ご購入などの場合も事前にお問い合わせください。
 
お問い合わせ:090-2713-6241(できれば9時から18時までにお願いします。)

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリ
最新コメント