FC2ブログ

研修会

今日は15時から、川崎町の新規就農者育成研究会に行ってまいりました。
知っている人がいっぱいいてドキドキ。川崎に来て7年にもなると顔覚えの悪いワタクシでも知っている人が増えるものだと自分で感心しました。

 「農業にイノベーションを!」をと題して、山梨県のサラダボウルという農業法人を決起、運営している田中進先生のお話を伺いました。川崎町の様な地方の一町を支えようと紛争する者達の一角を農業で担っている会社です。
 私達、個人農家と話がかけ離れないように、企業時の苦行から丁寧に講演してくださいました。
農業を伸ばしていくために何が大事か、そして、人を育てるために何が必要か。凄く解かり易かったと思います。

P2280061.jpg

 川崎町でも他の地方と同じく、過疎化や農業の担い手不足が目に見えて問題になっていて、ラピュタのオーナーや、お米農家の西山氏等が新規就農者支援検討委員会というものをつくって奔走しております。

 昔は広々と生きていた川崎町ですが、やはり個人の力の減退もあるのでしょう。フェンスで張り巡らされた田畑に、雑草の生い茂る休耕地。古里をこの地に持ち、子供のころから「ここはいいな。住みたいな。」と見てきた私にはちょっと辛いものがあります。
 ウチも父がフェンスで農園を囲ってしまうと言い出し、大論争!!しかし、父の意向は何があっても変わりません。何年か前もフェンスの事業に手をだすと言った時は大反対した次第ですが、ダメでした。父に説得は皆無です。「うん」といっても思ったことは絶対やります。

 一か所張ると、他の畑に獣が行ってしまうのでどんどん広がります。さらに、太陽光発電が広がり、森林が切り開かれる始末。生き場のない鳥獣被害で周りフェンスだらけ(T_T)
これなら原発あっても森があった方がよさそうと思ってしまいます。人間の出した老廃物は生き物が生きる場所がいないと循環しないでしょ??

 それこそ、ラピュタに来るお客様達が喜んでくれる環境が変わってくることに何をしているのだろうか、、と肩が落ちます。みなさん農業に可能性を!と経営の話をされますが、私は生き物を育む場として農業を考えていこうと思います。人も同じく。日本全体の人口が減ってるんだから、力が減るのは仕方がないんです。これからは私達の年代が力にならなければいけないわけで。私もいちご園でのっぺりとしててもダメなんだろうなあと今日の研修会に参加しました。

少しずつ人の前で発言するようにも訓練中。
なんていって今日は最後にNHKさんに感想を聞かれて、「無理です。」っとピューっと帰りました。無理!!

それじゃあダメじゃんワタシ!! 

でも、今日の研修会、最後まで出られなかったけれどありがたかったと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

karuitigo

Author:karuitigo
ラピュタファームの目の前にあります。
お来しの際はナビに
0947-47-4000(ラピュタファーム・杉本農園)を入れておこしください。

あまおうは起伏が激しい品種なので、ご購入などの場合も事前にお問い合わせください。
 
お問い合わせ:090-2713-6241(できれば9時から18時までにお願いします。)

最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カテゴリ
最新コメント